« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

オリエンタルサンシャイン急行

に乗って、マグダラなマリアさんをみに行ってきました!!

やー、面白かった!えろてぃっく万歳w

オリエンタル劇場よいですね!!お椅子広くてふかふかだし、すーごい居心地いいv
あ、会場に片岡のおじーちゃんがいらっしゃいましたー。お元気そうでなにより★(何の報告)

帰り道、地下鉄に降りるエレベーターがいっぱいで乗れなくて、ほかにどこから降りれるんだろう〜って唸っていたら、可愛らしいお嬢さんに話しかけていただきました。ふたりでうろうろ階段を探して駅までたどり着いたんですが、お一人様はたまにこういうことがあるのが楽しいです。一期一会♪お名前も伺わないままお別れしましたが、またどこかで会えるといいなぁ☆

さてさて、そんなこんなで徒然雑感。

====
・鯨ちゃんの完璧な女の人っぷりに感動。しなの作り方といい声のトーンといい、あれは最早女装とかじゃないです。女形でもないです。ただの演歌歌手の奥様です。(ベタぼめ)

・頭に出てきたのがそんな鯨ちゃんだったので、次に来た万平がフツーの地声だったのに逆にびっくり(笑)
いや、みんなそんな感じで行くのかと思ってたからさぁ。

・オーディションシーンのサトちゃん(気の強い主演女優)がたまらん可愛さだった件。広瀬くん(演出家)と超バカップル設定で、あははうふふ、って!!声が萌え声のアテレコなので余計なんかもう素直に可愛い。

・オープニングダンスで、超おにゃのこなサトちゃんに萌え転がる。かかかかカワイイ…!!ダンスうまくなったねぇv動きがなめらか。それがちゃんと女の子っぽく見える要因かもー。

・心万はやっぱり動きがかたいっていうかギクシャクしてて、それはそれでめんこい☆

・グレイス津田さんに一目惚れ。お姐さま素敵!!(違)

・キメ様天使ちゃんが死ぬほど萌えキャラでアンジェラたんハァハァな件。ぴんくい頭にまっかな萌えメガネのイタズラ堕天使(萌えヴォイス付き)って、なんじゃそりゃあああ!!!これに萌えずにいられるやつがおろうか!いやない!!
ああああかーわーいーいー!!ってスライディング土下座したくなりました。まじで。

・ふたりでべたーってひっついて、「かわいいー!!あーあ、私こんな顔に生まれたかったぁ」「あなたこそ可愛いわよーぅ」うふふあはは、てつんつんしあう心万。似合うなぁ(笑)

・そんな心万はカテコで並んでお辞儀するとき、首をかしげる角度と体の角度がまじぴったんこでした。さすが。ちょ、誰か分度器!

・サトちゃんセシルのおうたが上手。失礼ながら、あれ?こんなに安定してるコだっけ!?ってちょっとびっくりしました。

・つか、けるべろす((赤いチェック柄のクマのぬいぐるみ))抱き抱えてテーブルにつっぷすサトちゃんセシルの可愛いことといったら!!きゅんきゅん。たまにけるべろすの前肢持ってぶらぶらさせてたりとか、もーなんなの!!カワイイ!!ってでれでれしました。

・マリア様はねー…なんだろ、崇め奉りたくなる完璧さ?強く美しく誇り高く、かつ妖艶でお茶目でワガマママイペース。勿論お歌も絶品です。憧れるよね女子としてね(まがお)。

・内容はねー、なんかもっと耽美と退廃推しな感じなのかと思ってたら、意外にもエロチックコメディの要素が強かったです。つーか下ネタ多かった(笑)あの世界観、嫌いじゃないんだぜ★

あー、やっぱ1見たかったなーっていうか見たいなーDVD。
今回はマリアさんのお若い頃のお話だったので、その後がとても気になります。うずうず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

は!!!

しまった!!

ピンキー買うの忘れた!!!


あああああ_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すきーさすきーだいーすーきー♪

昨日早速PZのサントラが届きまして、朝からケータイ天国きいてたら一日中脳内リフレインwith至近距離キラキラ千賀。
風邪薬で重い頭にあれはいいカンフル剤でした☆なんとか今日も乗りきったよ!
あー、はやくキスマイ感想文仕上げたい。忘れるー!!

そうそう、届いたといえば、W-B-Xも届きました!!一昨日やっとPV見れたよー。
ラジオ壊れたーってしょーたろに訴えるフィリップがかわゆす。てかなんか本編より全体にきゃわきゃわな3人組仕様でにまにましました。上木嬢のお衣装も全体的に大変好みでそれにもウキウキ☆

ってここまで書いたあたりで本屋に到着して帰り道なう。

ちょ、M★エディターでてこいやぁ!!


ほめてつかわす!!!


えびじがオールパターンのコンビ対談ですよ!!ボリューム的にはミニサイズだけど十分ヲタに優しい仕上がりだよ!

犬と飼い主なはしごちとか同レベルで言い合う橋塚とからぶらぶを自称してるごちふみとかリアル兄弟なはしふみとか一番大人な感じの凸ごちとか、もーおまえらホンッットまるっと可愛いな!!って萌え萌えしました。うっかり頬がゆるみすぎて本屋で変な人になるところだったぜ★マスクしててよかったー((余計あやしいってツッコミはのーさんきゅー。))。

やー、初めてM★をほめたいと思ったかもしれません。

あ、ちなみにぽぽろはあとで届くのでえびじと斗真の写真のみチラ見したんですが、えびじはクリスマス仕様にホストくさいスーツきてた。みんなそれなりに似合ってた☆斗真はすっかりあのパーマ姿にも慣れたなぁってそんな感想(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪をひきました。

この間から疲れすぎてお風呂で意識を失うことが多かったせいか(しかも気付けば朝だったパターンも数回)、どうやら風邪をひいたみたいです。
キスマイコン終わったあとでよかったあぁ!!ってまず思ったのがソレでした★((でもおかげで感想文がすすまない><))

そんな状態で微熱にうかされた…わけではありませんが、太陽からの手紙のサントラとDVD、ついにぽちりしちゃった★

見たいものと見たくないものの天秤でめっちゃ悩んでたんですが、キスマイコンのせいで見たいものの比重ががこーんと重くなっちゃったので☆
まぁぶっちゃけ、MCが可愛かったんだけどちょっと物足りなかったので、バックステージ(特にサプライズBD)が見たくなったっていうのもあるけど(笑)
人様のブログで広島MCレポを拝見したんですが、え、なにそのかわゆいエピの数々!!ほぼ北藤しか口を開かず当たり障りのない話で終始した印象の神戸2部はなんかの幻ですか!!って衝撃を受けました。すんすん。

あとサントラは、ケイタイ天国が頭から離れてくれないのとHairの玉ソロ(歌い出しもCメロも)が妙にツボで音源欲しい欲求に勝てなくなったせいです(笑)

キスマイのオリ曲は全部好きすぎて困るっていうかぶっちゃけオリ曲は曲だけいえばキスマイのが好みです。えびじ担としてちょっと悔しいところ(笑)

今回改めて思ったのは、同じステージ映えでも、えびは舞台でより映えるタイプ、キスマイはライブでより映えるタイプなのかなぁと。
ま、ただの戯れ言ですが。

あー、えびきすがまとめてみたいよぅ・゜(つд∩)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蛮幽鬼

こんばんはかがみです。
ペアプリが見つからなさすぎて軽く泣きそうです。あまぞんさんにまでないってどゆこと!!メイトに行けばいいんだろうことには薄々気付いていますが、今の生活リズムにはメイトが遠いよママン…!


それはさておき。


新感線最新作、蛮幽鬼を見てまいりました。久しぶりにがっつりしたいのうえ歌舞伎が見れて大満足なわけですが、それ以上に

堺雅人にトキメキマックス!!

ちょ、私がどんだけ曖昧な笑顔の堺雅人とか笑顔の殺し屋とか心の傷と執着に気付かないフリしてる人をくったような態度の男とか無邪気な殺人鬼とか狂気の堺雅人とかっていうキーワードが好きだと思ってんの!!
なにこのまるっと満たされる素敵な役!!しかもビジュアルが黒髪ロン毛をハーフアップした東洋系アサッシンて!!…しゅき!!><
もうきゅんきゅん通り越してぎゅんぎゅんした。ときめきすぎて死にそうでしたマジで。

以下ネタバレありです。今回も徒然に。

====
・上川さんの迫力がすごかった!上手い役者さんだなぁとは思いつつもナマでがっつり拝見したのは初めてだったんですが、あの安定感と重厚感にナイーブさがミックスされた存在感がたまらんでした。すげぇ…!
・稲盛いずみの美しさにはっせんえん。美!ひたすらに美!お顔はもちろんですが、トータル的なビジュアルとあの儚げなのに凛とした佇まいが美しかったです。やっぱり好きだわぁ☆
・早乙女太一くんはちゃんと見たの自体が初めてだったんですが、殺陣の巧さにトキメキました。さすが!!声もいい声してるし、やっぱり舞台映えするよねーv
・殺陣と言えば堺さんvs上川さんがもー絶品でした。つかあの堺さんのザ・裏稼業なテがちょー好きv最小限かつ軽やかな身のこなしで遊ぶみたいにちょちょいと敵を倒してって、剣を使うときは片手は背中みたいな!!片手は背中みたいな!!大事なことだから2回言いました。ここ最大の燃えポイントだから!あの余裕綽々な感じが最高。((ハンターハンターでゼノじいさんもやってたよ!))
・殺陣と言えば今回カナコねーさんもです。ちっこいくのいち!!ちっこいくのいち萌え!!
・今回はパンフ我慢するぞ!って思ってたのに、堺さんのビジュアルが好きすぎて幕間のパンフ如何っすかーにふらふらと。あああ。しかし相変わらず新感線のパンフは大っ好きな仕上がりで((あの写真の感じがたまらなく好き))、買って悔いなし★いい仕事してるわぁ。
・ラストがきれいに落ちないともやもやしてしまう質なんですが、その点いのうえ歌舞伎は悲劇だろうとすっきり終われるっていうか、ベタだけどベタだけに説得力があって納得できてしかも泣けるラストが用意されてて、そこが私がいのうえ歌舞伎を好きな一番の理由だったりします。今回もよかったよーぅ。上川さんと堺さんの斬り合いから稲森女王の最後の台詞までの流れがすごい好きでした。


そういえば今回のアンケートで、今後新感線に出て欲しい役者さんって項目がありまして。まぁとまたんは当然として、あと誰がいいだろうっていっぱいいろんな人思い浮かべていったら、最後まで残ったのが…元気でした。確かに元気ならすんなりあの世界観に溶け込めそう!少年漫画を具現化ってキーワードも合致するし。わーみたい。それみたいよー。今は無理でもいつか!ってひとりウキウキペンをとろうとして気が付いた。ペン…忘れた_| ̄|○

わーん!!次回公演のときに絶対書く!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »